視力が2.0以上あれば遠視?

視力が2.0以上あれば遠視と考える人や、遠くは良く見えて、近くがぼやけて見える近視と逆の見え方が遠視だと考えている人もいますが両方とも間違っていますよ。

遠視とは、近くでも、遠くでも目のピントが合わない状態の事をいいます。

軽い遠視であっても若い人であれば、目の調整する力があるため遠くでも近くでも見えてしまいます。
でも、目はいつでもピントを合わせる為に調整し続けているので眼精疲労や・肩こりを訴える人も多いのです。

中度の遠視では、遠くは見えても近くの物を見ようとするとピントが合わないのです。

強い遠視では、近くも遠くもぼんやりしてしまいちゃんと見ることができません。
近くも遠くも、ぼんやりしか見えない遠視では、近視の人以上に治療が必要となってくるのです。

十分目に視力がある若い人は、遠くの物を見るのが得意です。視力がとても良いのです、しかし目の屈折力が衰えていくに連れて、まず近くが見えにくくなります、その後室内の距離程度の中距離がが、見えにくくなってしまうのです。

近視には二つのタイプがあり、屈折性近視と軸性近視に分けられます。
屈折性近視とは、角膜・水晶体の屈折力が強すぎるために起こり、軽い近視の人によくみられるタイプです。
軸性近視とは、角膜ー網膜の長さが長い為起こる状態で、強度の近視の人によくみられるタイプです。
どちらのタイプも、遠くの物はぼやけて見えますが、もともとは近くの方にピントが合っているので、近くを見る時にはそんなに調節力が必要としません。

遠視の屈折補正とわ?

眼は網膜上にきちんと焦点を合わせる為に、目の中にある筋肉を働かせます、それで水晶体の屈折を強くすることで近くの物を見るという機能を持っています。
これは調節力といわれます。
調節力は小さい子供の時にはとても発達していて、その能力は年齢と共に徐々に弱まってきます。
調整力は近くの物を見る時だけに使われて正視で、遠くの物を見ているときにはほとんど調節力は働いていません。
遠視の人は本来近くの物を見る時にしか使わない調整力を自動的に働かせています、それは遠くの物を見ている時にも、調節力を働かせない状態では網膜の後で焦点を結んでしまうからです、常に遠視を補正しようとしているのです。

いうなれば、どんな時も目の筋肉を動かしている状態のなので、ひどい眼精疲労の原因になるのです。
その為に、遠視の人では頭痛や肩こりとか、光の眩しさを訴える場合もよくあるようです。

屈折補正とは、調節力を働かせていない状態で遠くの方が明視出来る度数の凸レンズを使用して行われます。
普通はメガネやコンタクトを使用して行います。
遠視の目は長期間常に調節力を使用する状態になっている場合が多くて、調節する事が癖になっています、その為に調節力を使用しない状態になりづらいのです。
そのため、遠視が潜伏しやすいのでちょっと測定しただけではわからないことがあります、注意が必要ですね。
休むことを忘れた調節力を働かせない状態にするのには、かなり強すぎる程の凸レンズをテストフレームに入れ装着します、そうして視力が0.1位の近視の状態で少し目を休めたあとに測定する方法がとられています。

雲霧法等で測定しても検査をするたび度数が大きく変わってしまうのは、毛様体筋の緊張が解けにくいからで、遠視の度合が解りにくい場合には、処方するメガネの度数の手掛かりを得る方法として、眼の中の筋肉をマヒさせる薬を点眼して、他覚検査により度数を調べる方法もあります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。